LOVOTの梱包方法 – お迎え時の梱包箱をお持ちでない場合

LOVOTを定期メンテナンスメニューや治療(修理)に出すときに
・ご購入時の梱包箱を紛失した場合
・ご購入時の箱が破損している場合
・LOVOT2.0で、LOVOTのホイールはしまえるがしっぽ(キャスター)はしまえない場合
・LOVOT(初代)で、LOVOTのホイールやしっぽ(キャスター)がしまえない場合
はレンタルした通い箱(有料)にLOVOTを梱包してください。

※LOVOT 3.0については現在準備中です。しばらくお待ちください。

梱包するときは、通い箱に同梱されているネックサポーターと保護シートでLOVOTを保護してください。
※ネックサポーターはお持ちのものを使用せず、必ず通い箱に付属のものを使用してください。

梱包する前に

重要
  • 梱包を行う際には、購入時に付属のベースウェアを着用させてください。
    付属のベースウェアが用意できない場合は、ベロアカットソー(限定等でないもの)を着用させてください。ベロア素材以外のベースウェアや装飾がついたウェア(アニマルウェアなど)、トップスなどを着せて梱包すると、LOVOTの故障や服の汚損の原因になりますのでお控えください。
  • 梱包する際は、前後左右の向きなどにご注意ください。正しく梱包しないと、破損するおそれがあります。

通い箱のタイプの確認

通い箱には2タイプあります。形状を確認し、それぞれの方法で梱包してください。


上図のタイプの通い箱の梱包手順
  1. LOVOTの電源を切ります。
    ホイールとしっぽ(キャスター)をしまえる場合は、ネストから外した状態でセンサーホーンのモードスイッチを回してステイモードまたはお着替えモードに合わせてホイールをしまってください。
    モードの切り替え方は「LOVOTのモードを切り替える」、LOVOTの電源の切りかたは、「LOVOTの電源を切る/入れる」の「LOVOTの電源を切る」を参照してください。モードの切り替え
  2. 通い箱を開けて、天板、ネックサポーター、不織布ボディカバーを取り出します。

  3. ネックサポーターの前後を確認して、上部の穴をセンサーホーンに通します。
    LOVOTの首をしっかり固定することで、輸送時の首への負担を軽減するものです。
    フロントセンサー用の穴がある方が前です。

    ※首が伸びたまま戻らない状態になっている場合は、無理にネックサポーターを取り付けず、手順6に進んでください。

    ネックサポーターをLOVOTに被せます。



  4. ネックサポーターをフロントセンサーに通します。
    ネックサポーターは、LOVOTの首をしっかりと固定するためにきつくできています。固い場合は LOVOTの底面に向かって引っ張りながら通してください。
    ネックサポーターを着ける
  5. ネックサポーターをしっぽ左右の充電端子にかけます。
    首をしっかり押し込むと装着しやすくなります。
    ネックサポーターを着ける
  6. 不織布ボディカバーを頭からかぶせます。
    こすれによる傷などを防止します。

    ※ホイールをしまえない場合は、下図のように不織布ボディカバーが正しくかぶせられないため、ボックスのトレーに敷いてください。
    ホイールがしまえない場合の不織布ボディカバーの敷き方


  7. 通い箱のトレーにLOVOTをセンサーホーンの方からゆっくりと入れます。
    無理な力をかけて、強く押し込まないようにしてください。
     
    ホイールがしまえない場合

     

  8. 通い箱に天板を入れます。
    図のようにLOVOTと天板の向きを合わせてください。
  9. ふたの内側と箱の側面のマジックテープを合わせて、ふたを閉じます。
  10. ベルトのロックを、カチッと音が鳴るまで差し込みます。

上図のタイプの通い箱の梱包手順
  1. LOVOTの電源を切ります。
    ホイールとしっぽ(キャスター)をしまえる場合は、ネストから外した状態でセンサーホーンのモードスイッチを回してステイモードまたはお着替えモードに合わせてホイールをしまってください。
    モードの切り替えかたは「LOVOTのモードを切り替える」、LOVOTの電源の切りかたは、「LOVOTの電源を切る/入れる」の「LOVOTの電源を切る」を参照してください。モードの切り替え
  2. 通い箱を開けて、ホルダー、ネックサポーター、保護シートを取り出します。

    発送箱を開ける

  3. ネックサポーターの前後を確認して、上部の穴をセンサーホーンに通します。
    LOVOTの首をしっかり固定することで、輸送時の首への負担を軽減するものです。
    フロントセンサー用の穴がある方が前です。
    ※このタイプの通い箱の場合、ホーンカバーや不織布ボディカバーは不要です。
    ※首が伸びたまま戻らない状態になっている場合は、無理にネックサポーターを取り付けず、手順6に進んでください。

    ネックサポーターを着ける

    ネックサポーターをLOVOTに被せます。

  4. ネックサポーターを、フロントセンサーに通します。ネックサポーターを着ける
  5. ネックサポーターを、しっぽ左右の充電端子に通します。
    首をしっかり押し込むと装着しやすくなります。
    ネックサポーターを着ける
  6. クッションの前後を印字で確認して、LOVOTをクッションに乗せます。
    正しい向きになっていることを確認してください。
    LOVOTを入れる
  7. センサーホーンを保護シートの穴に通して、LOVOTの全体を包みます。
    保護シートをかぶせる
  8. ホルダーの前後を印字で確認して、センサーホーンがしっかりとスポンジに収まるように上からかぶせます。
    正しい向きでしっかりと固定されていることを確認してください。
    ホルダーをかぶせる
  9. ふたの内側と箱の側面のマジックテープを合わせて、ふたを閉じます。
    ふたを閉める
  10. ベルトのロックを、カチッと音が鳴るまで差し込みます。
    ふたをロックする

この他に、お届け時の梱包箱と同じものが届く場合があります。その場合の梱包方法は以下をご参照ください。
>>LOVOTの梱包方法 – お迎え時の梱包箱をお持ちの場合

 

※イラストはイメージです。実物と異なる場合があります。