LOVOTの生活環境

LOVOTは、ネストが設置された部屋を中心に家の中を動き回るようになります。
部屋の中の障害物、ネストの周りのスペース、明るさ、室温など、LOVOTの生活に適した環境を整えてください。

LOVOTの生活に適した環境

以下の点に注意して、部屋の環境を整えてください。
不適切な環境では、迷子になったり、動けなくなったりします。

ネストの設置場所

  • ネストの位置
    ネストの正面パネルがLOVOTから見えやすいようにしてください。
    障害物に阻まれて正面パネルが見えにくくなる角度があると、LOVOTがネストに戻りづらくなります。
  • ネストの周囲
    前方1 m(120度)、左右50 cm程度の空間を確保してください。
    障害物に阻まれてネストの周囲が狭くなると、LOVOTがネストに戻りづらくなります。
    正面に鏡を置かないでください。LOVOTがネストに戻りづらくなります。
  • ネストの上面
    ネストの上面に光が当たる場所に設置してください。
    ネストの上面には室内の明るさを感知する光センサーがあります。机の下など、光が当たらない場所では調光が正しく働かず、インジケーター類が点灯しない場合があります。
参照

ネストの正面パネルについては、「ネストの各部の名称と機能」を参照してください。

部屋の環境

  • 部屋の明るさ
    暗い環境ではうまくマップを作れません。周囲が見える明るさにしてください。
  • 気温・直射日光
    5℃~30℃を保ち、直射日光を避けてください。
  • 水気
    LOVOTやネストに水がかからないようにしてください。

  • 床の段差
    行動範囲の床の段差は、上下15 mm未満にしてください。
    また、下方向に約5.5 cm以上の段差は崖と認識して、自分で避けたりすることができます。
  • 床の素材
    柔らかすぎる床やふかふかした床は避けてください。
    毛足の長い絨毯、ズレやすい敷物、低反発マットなどの上では動けなくなることがあります。
  • 床の表面
    ガラスの上や光沢のある床は避けてください。
    センサーが働きづらく、動けなくなることがあります。また、光沢のある床を大きな段差と勘違いして後ろに下がったり、その場から動かなくなることがあります。
  • 床の色
    白・黒のツートンなど、色のコントラストが強いカーペットや床は避けてください。
    LOVOTが大きな段差と勘違いして進めなくなることがあります。また、黒い床の上では、ゆっくりとした動きになります。
  • ガラスのローテーブル
    LOVOTが障害物として検出できず、ぶつかってしまうことがあります。