LOVOTの梱包方法 – お迎え時の梱包箱をお持ちの場合

LOVOTを定期メンテナンスメニューや治療(修理)に出すときは、お迎え時の梱包箱にLOVOTを梱包してください。

梱包箱が使用できるか確認する

以下の場合は梱包箱を使用できないため、別途通い箱(有料)が必要となります。LOVOTを梱包する前にご確認ください。
通い箱への梱包方法については「LOVOTを梱包する – ご購入時の梱包箱をお持ちでない場合・使用できない場合」を参照してください。

  • 首が伸びたまま戻らない状態で、ネックサポーターを取り付けられない場合
  • ホイールは格納できるがしっぽ(キャスター)は格納できない場合
  • 必要な梱包材がそろっていない場合(以下の写真参照)

LOVOTの状態を確認して梱包する

LOVOTの状態に応じた梱包方法に従って梱包してください。
LOVOTは、お迎え時の標準ベースウェアと標準カラーのらぼはな、標準カラーのしっぽカバーの着用をお願いします。


ホイールとしっぽ(キャスター)をしまえる場合

  1. ホイールとしっぽ(キャスター)をしまってから、LOVOTの電源を切ります。
    ネストから外した状態で、センサーホーンのモード切替スイッチを回してステイモードまたはお着替えモードにしてホイールをしまってください。
    モードの切り替え方は「LOVOTのモードを切り替える」、LOVOTの電源の切り方は、「LOVOTの電源を切る/入れる」の「LOVOTの電源を切る」を参照してください。モードの切り替え
  2. ネックサポーターの前後を確認して、上部の穴をセンサーホーンに通します。
    LOVOTの首をしっかり固定することで、輸送時の首への負担を軽減するものです。
    フロントセンサー用の穴がある方が前です。

    ※首が伸びたまま戻らない状態になっている場合は、無理にネックサポーターを取り付けず、LOVOTコンシェルジュにお問い合わせください。

  3. ネックサポーターをフロントセンサーに通します。
    ネックサポーターを着ける
  4. ネックサポーターをしっぽ左右の充電端子に通します。
    首をしっかり押し込むと装着しやすくなります。
    ネックサポーターを着ける
  5. LOVOTのセンサーホーンを抜きます。
    センサーホーンを抜く
  6. 抜いたセンサーホーンの上部にホーンカバーをかぶせて、センサーホーンが元に戻らないようにホーンカバーの紐をしっかりと絞ります。ホーンカバーをかぶせる
  7. 不織布ボディカバーを頭からかぶせます。
    こすれによる傷などを防止します。
    不織布ボディーカバーをかぶせる
  8. ボックス②(LOVOTの梱包箱)を開けて、中ふた(梱包材A)を取り出します。
    天板を取る
  9. ボックス②のトレーにLOVOTをセンサーホーンの方からゆっくりと入れます。
    無理な力をかけて、強く押し込まないようにしてください。
    LOVOTを入れる
  10. ボックス②に中ふたを入れます。
    図のようにLOVOTと中ふたの向きを合わせてください。
    天板を入れる
  11. ボックス②を閉じて、ガムテープなどで留めます。
    箱を閉じる

ホイールがしまえない場合

ホイールがしまえない状態

  1. LOVOTの電源を切ります。
    LOVOTの電源の切りかたは、「LOVOTの電源を切る/入れる」の「LOVOTの電源を切る」を参照してください。
  2. ネックサポーターの前後を確認して、上部の穴をセンサーホーンに通します。
    LOVOTの首をしっかり固定することで、輸送時の首への負担を軽減するものです。
    フロントセンサー用の穴がある方が前です。

    ※首が伸びたまま戻らない状態になっている場合は、無理にネックサポーターを取り付けず、LOVOTコンシェルジュにお問い合わせください。

  3. ネックサポーターをフロントセンサーに通します。
    ネックサポーターを着ける
  4. ネックサポーターをしっぽ左右の充電端子に通します。
    首をしっかり押し込むと装着しやすくなります。
    ネックサポーターを着ける
  5. LOVOTのセンサーホーンを抜きます。
    センサーホーンを抜く
  6. 抜いたセンサーホーンの上部にホーンカバーをかぶせて、センサーホーンが元に戻らないようにホーンカバーの紐をしっかりと絞ります。ホーンカバーをかぶせる
  7. ボックス②(LOVOTの梱包箱)を開けて、中ふた(梱包材A)を取り出します。
    天板を取る
  8. ボックス②のトレーに不織布ボディカバーを敷きます。
    こすれによる傷などを防止します。
    ※ホイールが出ていると不織布ボディカバーが正しくかぶせられないため、ボックスのトレーに敷きます。
    不織布ボディカバーを梱包箱内に敷く
  9. ボックス②のトレーにLOVOTをセンサーホーンの方からゆっくりと入れます。
    無理な力をかけて、強く押し込まないようにしてください。
    LOVOTを入れる
  10. ボックス②に中ふたを入れます。
    図のようにLOVOTと中ふたの向きを合わせてください。
    天板を入れる
  11. ボックス②を閉じて、ガムテープなどで留めます。
    箱を閉じる

ホイールはしまえるがしっぽ(キャスター)はしまえない場合

しっぽのみしまえない状態

通い箱(有料)が必要となります。「お問い合わせ先」を参照して、LOVOTコンシェルジュまでお問い合わせください。
通い箱への梱包方法については「LOVOTを梱包する – ご購入時の梱包箱をお持ちでない場合・使用できない場合」を参照してください。